男達の夢、中洲ですき焼き「中洲ちんや」

野心と欲望が渦巻く街、中洲。
今夜も人生を賭した挑戦者と、夢破れた敗走者が交錯する。
そして、札束を握りしめ、ある店の前に男達が辿り着いた。
店の名は「中洲ちんや」・・・・・そう、すき焼きである。

店構えを見ての通り、もともと精肉店を営んでおり、言わば肉のプロフェッショナルだ。
そんな店のすき焼きがうまくないはずがない。

ちんや(外観)

外観はこんな感じ

座敷に着席して、早速でてくるのは、お通しである「酢もつ」
肉の前にこういうさっぱり系が頂けるのは嬉しい。

ちんや(すもつ)

酢もつ

この店、卵にも手は抜いていない。
黄色い。濃い。真ん丸い。これがこれから肉とのハーモニーを奏でるのか。
もう我慢ならん。

ちんや(卵)

そして、いよいよ肉の登場である。
見よ、このツヤ!!このサシ!!
九州産黒毛和牛に拘り、ほど良く脂がのって輝いている。
この肉を仲居さんが目の前で丁寧に調理してくれる。味付けは砂糖と醤油のみ。
ほんのり赤身を残した肉を、卵に潜らせて、いざ、いただきます。

ちんや(肉)

ちんや(すき焼き)

すき焼き

ちんや(すき焼きアップ)

すき焼きアップ

当然、うまい。
こうなる事は分かっていた。分かっていたはずだが、味覚のリアクションは正直すぎる。
とろけるような食感と、ジューシーかつ上品な脂のおかげで米をかき込む箸が止まらない。
きっと、様々な中洲の猛者達がこの味を噛みしめて夜の街に消えていったのだろう。
そんな想いを巡らせていたら、あっという間に鍋の肉も消えてしまった。
非常に美味しかった。いい夢を見させて頂きました。

店名:中州 ちんや
場所:福岡県 福岡市博多区 中洲 3-7-4 (googleMAP
投稿者:営業員 X


Tags: , , ,

About ナニワ研磨工業ブログチーム

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

* Copy this password:

* Type or paste password here:

15,226 Spam Comments Blocked so far by Spam Free Wordpress