シンガポール1963年創業の老舗 ペーパーチキンの名店 大阪「ヒルマンレストラン(Hillman Restaurant)」

シンガポールの1963年創業の老舗「ヒルマンレストラン(Hillman Restaurant)」は言わずと知れたペーパーチキンの名店。

写真1

シンガポール名物のひとつであるペーパーチキンは焼き鳥でもなく唐揚げでもない、門外不出のタレに長時間漬け込んだ鶏肉を特殊な紙で包んで揚げたもの。
紙で包むことによってジューシーさが最大限に引き出されます。
そんな名店が海外初出店に選んだのはなんと、我らが庭「裏なんば」でした。

まずはアジアを意識して珍しい「パクチー・ハイ」で乾杯!

写真2

一皿目は「オードブル五種盛り」。
素材は中華のオードブルと同じなのですが味付けは東南アジア風。
美味しく頂きました。

写真3

二皿目はシンガポール料理の代表格「チリクラブ」。
シンガポールではチリと言えばエビではなくカニですねえ。
これはほとんどのテーブルで注文されていました。
一番有名なメインディッシュです。

写真4

これと同時に出てきたのが「揚げマントウ」。マントウと言えば蒸した物が多いのですが、こちらには揚げマントウがありました。
そのままでも十分美味しいのですが、ここはシンガポーリアンに習って「チリクラブ」やその他料理の色んなソースにつけていただきます。

写真5

写真6

そしてこの店の看板メニューである「ペーパーチキン」の登場です!
旨味がしっかり凝縮されたジューシーでプリプリな鶏の食感はなかなか日本では味わえません。

写真7

他にも、牛肉のクレイポットヌードルやアジアン焼きそばをいただき満腹!

大満足のディナーとなりました。

店名:ヒルマンレストラン(Hillman Restaurant)(食べログへ)
場所:大阪府大阪市中央区難波千日前15-16オクバビル2F(googleMAP
投稿者:営業員R


Tags: , , , , , ,

About ナニワ研磨工業ブログチーム

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*